所長の一言 25年8月

エコを考える 電力について。

我家では、エコのために、今まで使用していた白熱電球を、ほとんどLED電球に替えました。
すると、今迄月平均15,000円位支払っていた電気代が約半分の7,000円位の支払いに変わりました。
夏場のクーラーと冬場の電気こたつの使用によって、その分の電熱料は増えますが、後は平均して
7,000円程度です。
ただ難点は、白熱灯の電球代に比べて、LED電球は1個2,000円以上しますので、割高ですが、
白熱灯よりも寿命が長い事もあり、ランニングコストのことを考えますと、十分に元は取れます。

これに気を良くして、事務所の電球も、蛍光灯型のLED電球にしました。さらに、パソコンモニターも、LEDのバックライトにしましたら、電気料金が月平均24,000円位支払っておりましたが、約半減しました。
(当然、冬場のストーブの使用と、夏場のクーラーの使用時は、増加をしますが。)

ただ、パソコンのモニターは、LEDのブルーライトが、人の目に好ましくないと言われておりますので、私の事務所では、ブルーライトを軽減するフィルムを、モニターに貼り付けて使用しております。

色々と考えてみますと、全国的にLEDの電球を使用するようにすれば、電力不足が言われる中で、使用電気量は全国的に激減するのではないでしょうか。尚且つ、日本の原油・天然ガスの輸入量も減らすことができます。このような文明の利器を使用しない手はないと考えます。
皆様も、一度、経費節減のために、お考えになっては如何でしょうか?

所長の一言 25年7月

私の健康法 パートⅡ

最近、毎朝、ウォーキングはしていたのですが、腰痛がなかなか改善しません。
そこで、マキノ出版 ムックの本で、「腰の激痛しびれを自力で治す 新常識」という本を買って、
読んだところ、エゴスキュー体操という気軽で簡単な体操の説明があり、その体操を始めました。

エゴスキュー体操は、
1. 座るだけ体操  2.倒すだけ体操  3.寝るだけ体操

以上3種類の体操をするだけで、結構、腰痛を改善できました。時間も5分間程度です。
この3種類の内容を書くとよいのですが、著作権に抵触する恐れがあり、書けませんので、腰痛に苦しんでいらっしゃる方は、是非この本を読んで実践されることをお勧めします。

さらに、この本には、ウォーキングより自転車漕ぎが腰痛改善に良いとも書いてありましたので、雨の日は除いて、原則的に毎朝自転車に乗ることにしました。
遠い石浦町の若宮八幡宮の橋の手前まで、自宅から約5.5キロを往復します。
高低差は、自宅から橋の袂まで、GPSで測定して、約40メートルあります。
高山市街地全体は、緩やかな坂となっておりますので、上りは結構腰の筋肉を使いますが、この時、腰の筋肉の喜びを感じています。
上りは、一回自転車を漕ぐのを止めると、10メートルでストップします。
室内自転車こぎという器械がありますが、これだと独楽鼠の感じがして、私には面白くありませんので、朝のすがすがしい空気を吸って、途中のきれいな草花を見て自転車漕ぎをすることは、爽快な気分になり、腰痛も和らぎます。是非実行してみてください。

所長の一言 25年6月

健康が一番の関心事のこの頃。
私は、最近、玄米食をするようにしました。玄米の効用を聞いたことがキッカケです。
その効用とは、広島・長崎の原爆投下時に、被爆後も玄米を食べていた人が、原爆症に罹らなかったという珍しい話を、
誰かから聞きました。

玄米の効用については皆様よくご存じだと思います。
米の栄養素は、籾と白米部分の間に、所謂「糠層と胚芽」と呼ばれる部分に栄養素の95%が含まれているそうです。逆に言いますと白米は、米の栄養素の95%を除いた部分を食べていることになります。玄米には、ビタミンB群やカルシウム・ミネラルと言った栄養素を含む食物ですが、忘れてならないのが、植物繊維を豊富に含むという点です。従って、便通も確実に良くなります。
食物繊維そのものに栄養価値はありませんが、体の老廃物を排出する大切な働きをし、体内の脂肪や糖分等と一緒に、体の外へと出して行きますので、最近では肥満予防・改善にも効果があるといわれています。
 
玄米を炊く時に、あらかじめ茹でておいた「小豆」を少し入れると、おいしく食べることができます。

所長の一言 25年5月

最近、ジル・ボルト・テイラーというアメリカの女性脳科学者が書かれた「奇跡の脳」という本を読みました。
著者自身が脳卒中で、左の脳が麻痺し、その回復の過程で得られた自分の脳の学問的な自己分析を、実体験に基づいて書いていらっしゃいます。

それによると、左の脳は社会的な言葉・文字・数字等を司る部位であり、右の脳は、「宇宙」と繋がる部位だと言ってお見えになります。そう言われてみますと右の脳は、感覚的で芸術・感動等の働きにより、人間とか宇宙と共有する役割を持っているような気がします。回復の過程で、著者が感じたことは、脳の中で、ネガティブな働きをする部分は、脳全体の内のピーナッツ位の大きさでしかないそうです。

ところが、以外にもわれわれ人間は、その部分で左右されることが多いので、「深い心の安らぎ」に大きな影響を受けると言って見えます。ネガティブな思考に陥り易い人は、ネガティブの思考にハマって抜け出すことが難しい人だと言われます。この、思考の輪から抜け出すことが、重要だと言われます。抜け出すためには、右脳の個性の最も基本的な特色は、深い内なる安らぎと愛のこもった共感を働かせることです。

具体的には、意識を逸らすべき三つのリストを用意します。

Ⅰ 自分にとって魅力的な事に、考えを巡らせること。
Ⅱ もっと楽しいことを考える。
Ⅲ 何かやりたいことを考える。

上記のほか、色々な知恵が書かれています。是非ご一読をお勧めします。

所長の一言 25年4月

相続税が増税されます。

相続税について、以前より取り沙汰されておりましたが、いよいよ増税が本決まりになりました。
どのように改正されるかと申しますと、再来年の1月1日(平成27年1月1日)の相続から、即ち基礎控除額が 相続人0の場合でも、3,000万円(現行5,000万円)。 これに相続人一人について600万円(現行1,000万円)を加算するように改正されます。その他、最高税率も55%(現行50%)に増税されます。

私が相続税の申告を依頼されて、痛切に感じますことは、所得税・法人税については、納税者の皆様は、日常のことですから神経を行き届けていらっしゃいますが、相続税の事になりますと、意外と、何の対策もされていないことを感じます。

つい最近、お客様から相続税のシミュレーションを依頼されまして、高山市内の農地について、山の中にある農地でも、都市計画税の課税を受けておられる場所が有り、とても宅地化が難しい所でも課税されていましたので、該当する農地に木を植えて、山林扱いにされることをアドバイス致しました。
何故かといいますと、都市計画税の課税されている場所は、宅地並みの評価に準ずる定めが、相続税にあるからです。 これによって、評価がぐんと落ちますので、税額にして何百万円も違って来ることを確認しました。

相続税は、増税後、確実に納税者が増加すると予想されます。
自分の死後でも、子孫が悩むことのないように生前対策を行われることを、お勧め致します。

事務所案内

阪本会計事務所
〒506-0054
岐阜県高山市岡本町3-242
[TEL] 0577(33)2605
[FAX] 0577(33)2589

外観写真

アーカイブ