所長の一言 26年12月

早いもので、今年も後余すところ わずかな日数となりました。

心せわしい年の暮れ、御社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

今年も格別のご高配を賜り誠に有難うございました。厚く御礼申し上げます。

 

新年になりますと、心も新たに、「今年こそは売上を大きく伸ばそう」とか「地域一番店になろう」とか考えますが、年の暮れになると、実行できなかったことを悔やむ結果となる人々が、私も含めて、多いように思われます。

 

過日、岐阜市内で行われたセミナーで、信念の重要性を話された内容をお話したいと思います。

ハワイで実際にあった話で、日本語しか話せない患者と、日本語の話せない医者の話です。この患者が、不調を訴えて、この医者にかかった時のことです。会話が双方とも噛み合わない中、この患者が、医者の話の中で、「Sugar」という言葉だけが理解できたそうです。患者は、そうか「Sugar」を取れば治るんだと確信して、医者の薬の調合も断って、例えばコーヒーの中に砂糖を5杯入れるとか、ご飯に砂糖をかけて食べるとかして、ひたすら砂糖を摂取した結果、体調が良くなったそうです。実は、この患者は「糖尿病」だったそうですが、やってはいけない事でも、「砂糖を食べれば治る」という信念を持って、糖尿病患者で御法度とされることをやって、信念によって治ったということです。

 

かの有名な啓豪家ナポレオンヒルも、「思考は現実化する」・「物事は外から起こるのではなく、自分を通してやって来る」・「自分から出たものは、自分に返ってくる」と言っております。

信念を持つことの大切さを、ご紹介しました。

阪本司法書士事務所 所長の一言 26年11月

今月は、司法書士阪本文栄の方から事務所通信をお届けさせて頂きます。

【今月のテーマ:不動産登記って何のためにするの? その1 前回のつづき】

不動産登記には色々な効力があります。中でも重要なのが「対効力」と呼ばれるもので、自分が所有権を取得したことを、第三者(契約当事者以外の他人)に対して対抗できる効力です。

前回、この対効力について、代表的な事例をクイズ形式でご紹介しました。今回はその結論を説明したいと思います。

~・・~・~・・~・~・・~・~・・~・~・・~・~・・~・~・・~・~・・~・~

[事例]A氏が、自己所有の土地・建物を売りたいと考えている。そこへ、B氏とC氏が買いたいと言ってきた。そこでA氏は、両方に売って売買代金を二重に受け取り、その後は逃げてしまおうと考えた。B氏とは11日に売買契約、代金も受け取ったが、家の鍵の引渡は後日改めてすることに。その翌日、C氏と売買契約、代金の受け取りと同時に家の鍵も引渡した。

登記の方は、お正月休みで法務局は休みであったので、A氏の名義のままである。

~・・~・~・・~・~・・~・~・・~・~・・~・~・・~・~・・~・~・・~・~

 結論:このままでは、B氏とC氏のいずれも自己の所有権を主張できません。もし2人が裁判で争ったとしても、いずれも勝てないということです。意外な結論だと思われませんか?

その理由は民法177条により、『不動産の所有権の取得については先に登記をした者勝ち』と規定されているためです。つまり、登記がいまだにA氏名義のままであるため、B氏とC氏が争った場合、いずれも自己の所有権を相手に対抗出来ないのです。契約日の先後や、金銭の授受の有無、引き渡しの有無などは一切考慮されません。

 このように、不動産登記には重要な役目がありますので、売買等の所有権移転時には速やかに登記をすることがとても大切なのです。

所長の一言 26年10月

経営のヒント

 

経営学に、「ベンチマーク」という言葉があります。

どういうことかと申しますと、「良いとこ取り」という意味です。

 

この証拠に、今の中国の発展は、当時中国の労働賃金が安かったために、世界各国の最新の高度技術を持って行って工場生産されたことによります。

まさに、ベンチマークを地で行った感があります。

 

このことは、自分たちの経営でヒントを掴むためには「繁盛店」へ行って、そのやり方を学ぶことではないかと考えます。

そして、ヒントを掴んだら、必ず、真似ることです。

 

カステラで有名な、「文明堂」で歴代のある社長が、福井で繁盛している餃子店へ行って、なぜ繁盛しているかと考え店内を見回すと、「餃子は一番、電話は2番」というポップ広告をみて、「カステラ一番、電話は2番」というコマーシャルを作ったという話は有名です。それまでは、カステラは、「福砂屋」が一番でしたが、このコマーシャルで、文明堂が一番になったといわれています。

阪本司法書士事務所 所長の一言 26年9月

今月は、司法書士阪本文栄の方から事務所通信をお届けさせて頂きます。

【今月のテーマ:不動産登記って何のためにするの? その1】

司法書士の主な業務は、法務局に申請する登記書類の作成や、申請の代理です。登記には「商業登記」「不動産登記」等がありますが、今回は不動産登記について触れたいと思います。そもそも不動産登記は何のためにする制度なのか、皆さまご存知でしょうか。

家を新築したり、土地や建物を買った時には、多くの方が登記をされると思います。ですがそういった場面は、長い人生の内にもそう何回もありませんし、大抵は、不動産会社や融資を受ける銀行等から言われるがままに、登記をしていたという方がほとんどではないでしょうか。

建物を売買したり、抵当権の設定をした時の不動産登記というのは義務ではないので、やならければ何か罰則があるという訳ではありません。ではなぜ、わざわざ費用をかけてまで登記をする必要があるのでしょうか?それは、高額で大事な財産である不動産の取引を、円滑かつ安全にするためです。不動産登記の効力にはいくつかありますが、中でも重要なものが「対効力」と呼ばれるもので、自分が所有権を取得したことを、第三者(契約当事者以外の他人)に対して対抗できる効力です。この対効力について、代表的な事例をクイズ形式でご紹介したいと思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

A氏が、自己所有の土地・建物を売りたいと考えています。そこへ、B氏とC氏が買いたいと言ってきました。そこでA氏は、良からぬことを思いつきます。「そうだ!両方に売って、売買代金を二重に受け取ってしまおう。その後はどこかへ逃げてしまえ。」

そして、B氏とは11日に売買契約をし、代金も受け取りましたが、家の鍵の引渡は後日改めてすることに。その翌日、C氏とも売買契約をし、代金の受け取りと同時に家の鍵を引渡しました。その後、A氏は雲隠れして行方が分かりません。登記の方はというと、お正月休みで法務局はやっていませんので、A氏の名義のままでした。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 さて、B氏とC氏は、当然自分が買主で、A氏の土地・建物は自分のものだと思っているので、所有権を巡って争いになります。この場合、B氏とC氏のいずれが所有権を主張できると思われますか?民法177条の規定がポイントになるのですが、答えは次回でご説明致します。

所長の一言 26年8月

817日飛騨地方は大変な集中豪雨に見舞われました。

被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を

お祈り申し上げます。

 

さて、最近中国では、稲森和夫さんの経営哲学が話題になっているとの話が、

テレビで放送されました。

稲森和夫さんの経営哲学で、最も有名なのが、次の公式です。

 

仕事の成果=考え方×能力×熱意

成果とは売上・集客数・利益等をいいます。

考え方とは、会社の経営理念・商品コンセプト。

熱意とは、企業内での評価制度・賃金体系。

能力とは、事業体系によって違います。

例えば、飲食業では、調理能力であったり、アパレル事業ではデザイン能力であったりとかします。稲森式経営哲学では、考え方が最も大切と言われております。

 

一例を上げますと、ここに、A店とB店があったとします。

お店の中の掃除を例に挙げます。

A店もB店も、掃除に対する能力・熱意がほぼ一緒であったとすれば、A店の社員は、掃除をするとき、「汚いところを徹底的に綺麗にする」という考え方で掃除をします。

B店の社員は、「汚いところを掃除するのは当たり前、綺麗な所をより綺麗にする」という考え方で掃除をしたとき、どちらの考え方で掃除をしたら、より良い掃除の仕方でしょうか?

大抵の方は、B店というお店を選ばれることと思います。

考え方で、差がつく事例をお話しました。

事務所案内

阪本会計事務所
〒506-0054
岐阜県高山市岡本町3-242
[TEL] 0577(33)2605
[FAX] 0577(33)2589

外観写真

アーカイブ