阪本司法書士事務所 令和元年9月

【今月のテーマ】『最近あった相続登記に関する話題』

◎父の相続登記は全部済ませたはずなのに…

最近、高山市内にお住いのAさんという方から、相続登記に関するご相談を受けました。Aさんのお母様が今年になって亡くなられ、お母様名義の不動産登記の名義変更の件でお越しくださったのですが、登記情報を調べてみますと、30年前の平成元年に亡くなったお父様名義の土地(旧上宝村地区)が、1筆だけ残っていました。

お父様名義の不動産は他にもたくさんありましたが、亡くなった後、きちんと相続人間で遺産分割協議をして、相続登記も全部済ませたはずなのに、どうして1筆だけ残っているのだろう?ということでお話しを伺うと、高山市と旧上宝村の市町村合併前は、その土地は固定資産税課税明細書に載っていなかったのに、合併後から急に出てくるようになって、不思議だなぁと思っていた…ということです。

おそらく、合併前の旧上宝村では、その土地は農地で面積も小さく、評価額が少額だったため、固定資産税が免除されていたのでしょう。それで、課税明細書にも掲載されていなかったので、お父様が亡くなられた時の相続登記の際に、登記すべき不動産の中からもれてしまったのではないかと思われます。

合併後の高山市では、その上宝地区の土地についても課税されるようになり、「課税明細書に今まで出てこなかった土地が急に出てきた」という訳です。

 

◎保管してあって良かった!30年前の「相続関係書類」

さて、お父様名義のこの土地ですが、1筆だけとはいえ、いざ相続登記をしようと思うと、被相続人(お父様)の出生~死亡までの戸籍謄本、相続人の戸籍、遺産分割協議書と印鑑証明書といった「相続関係書類」が、一式全て必要になります。これをイチから揃えようと思うと、費用も時間もかなりかかってしまうので、なかなか大変なことです。

ところが幸いなことに、Aさんは30年前にお父様が亡くなった際の「相続関係書類」一式をきちんと保管していてくださったのです。戸籍謄本も印鑑証明書も、全て30年前の日付ですが、全く問題ありません。

 

このように、何十年も後になって役に立つケースも実際にありますので、「相続関係書類」は、是非大切に保管して頂きたいと思います。

事務所案内

阪本会計事務所
〒506-0054
岐阜県高山市岡本町3-242
[TEL] 0577(33)2605
[FAX] 0577(33)2589

外観写真

アーカイブ