阪本司法書士事務所 令和元年11月

【今月のテーマ】『過去の相続登記からもれてしまった土地について』

◎「固定資産税課税明細書」に記載のない土地がある?

最近、あるお客様(Aさん)からご相談があった相続登記に関する話題をご紹介します。

Aさんのお宅の先祖代々のお墓が、以前は高山市郊外の山の中にあったのですが、最近になって、管理面など色々な事情から、町中の菩提寺境内にある墓地に「お墓の引越」をされたそうです。Aさんは、自分名義の複数の不動産を他にもお持ちですが、以前は「固定資産税課税明細書」にここの土地は載っていなかったのに、最近になって急に載ってくるようになって、疑問に思っていたそうです。実は、この土地にお墓があった時は「墓地」として非課税扱いだったので課税明細書に載らなかったけど、お墓がなくなれば「墓地」ではなくなるので課税対象となり、課税明細書にも載ってくるようになった、というわけです。

さて、お墓があった土地の登記情報を調べてみると、名義はAさんの祖父(明治生)のままでした。今でこそ、不動産の所有者や納税義務者の情報は、市の税務課がコンピューターできちんと管理していて、相続登記をする際に、被相続人名義の不動産をもれなく全て把握することは簡単ですが、昔は紙の台帳で管理していた時代でしたから、なかなか大変だったのでしょう。祖父名義の土地で残っているのはここの1筆だけで、他の土地はきちんと相続登記が済んでいますから、墓地として使用されている間は非課税だったこの土地は、課税明細書に載っていなかったことが原因で、相続登記すべき不動産からもれてしまったと考えられます。

 

◎共有林や道路(私道)も要注意!

高山では、地域の住民が共同で近隣の山林を共有している場合がよくあります。また、自宅前に敷設した道路は、道路に面しているご近所さん数人で共有名義にしてある、というケースもあります。こういった共有不動産の場合、固定資産税課税明細書は共有者のうち、届出されている代表者1名に送付されるし くみなので、注意が必要です。

不動産の所有者が亡くなって相続登記をしようと思うが、被相続人の不動産は、固定資産税課税明細書に載っているものが全てだと思い込んでいた相続人が、調べてみると、実際は共有林や共有道路があることが判明し、驚いた…という事例は珍しくありません。

 

◎もれなく所有不動産を把握する方法は?

所有している不動産が、固定資産税課税明細書に載っている不動産だけとは限らないことは、前述したとおりです。では、もれなく把握するにはどうすれば良いのかといいますと、登記をする際の必要書類「固定資産評価額通知書」を市の税務課に申請する際に、「被相続人名義の不動産全部(共有も含む)」と申請することです。

事務所案内

阪本会計事務所
〒506-0054
岐阜県高山市岡本町3-242
[TEL] 0577(33)2605
[FAX] 0577(33)2589

外観写真

アーカイブ