所長の一言 平成30年12月

<収入と所得の違いについて>

これからの時期、事業者様から年末調整の依頼を受け、それを終えると、いよいよ確定申告へと突入して参ります。会計事務所では、その年末調整や確定申告において、『所得』という言葉を良く使います。

 この所得について、正しく理解されていらっしゃいますか?

 

個人事業主の場合は、一年間の売上から、必要経費を控除したものを所得と呼びます。この売上が収入にあたり、この収入から必要経費を控除したものを所得といいます。収入は、入ってくるべき金額。所得は収入から必要経費を除いた残りと言い換えることができます。

会社員の場合は、社会保険料や源泉所得税等が差し引かれる前の総支給額のことを収入と呼びます。会社員には必要経費がありませんが、給与収入に応じて一定額を差し引く給与所得控除があり、給与収入から給与所得控除を差し引いたものを所得といいます。

目安として、「○○さんは、給与収入103万円以下ですか?」と尋ねることがありますが、103万円からは65万円の給与所得控除を引くことができ、結果(給与)所得が38万円以下となると、扶養控除や配偶者控除となる可能性があるので、この金額をお尋ねすることが良くあります。

収入と所得の違いを理解しておかれると、色々な場面で役に立つかも!?しれません。

 

さて、今年も一年間、大変お世話になりました。来年は、新天皇が即位され年号も変わり、変革の年となるかと思います。皆様におかれましても、益々良き方へ変わる一年でありますよう、ご祈念申し上げます。

 

 

事務所案内

阪本会計事務所
〒506-0054
岐阜県高山市岡本町3-242
[TEL] 0577(33)2605
[FAX] 0577(33)2589

外観写真

アーカイブ