所長の一言 令和2年9月

令和2年10月より酒税率が改定されます

 

令和2年10月1日より、酒税法の税率変更が行われます。この税率変更により、ビール系飲料は一部増税・一部減税、清酒は減税、ワイン等果実酒は増税されることになります。

ここでいうビール系飲料は、ビール・発泡酒・新ジャンルの3つに分けられ(分類は主に原材料の種類や使用比率によっています)、税額にしてビールは図1括弧内350ml、ビール缶にして1缶あたり約77円から約70円に減税、発泡酒はそのまま、新ジャンルいわゆる第3のビールと呼ばれている商品は1缶あたり約28円から約37.8円に増税されます。

 

 

低価格でビールと同じようなテイストで人気を博している新ジャンルですが、今後は、令和8年10月までの6年間にわたり、ビール系飲料はすべて同じ税率に改定されていきます。同じ価格を維持するためには原材料等見直す必要が出てきますし、値上げをすると直に売上高に反映してきますので、製造メーカーは厳しい状況に立たされることが必至です。

 

そうなると製造メーカーは、値上げをするか、製造原価を下げるか、第4のビールを生み出すかに迫られます。そうすると・・・という具合に1つの事象から見えてくることは沢山あるので、こういったニュースを分析することは本当に興味深いと感じる今日この頃です。

事務所案内

阪本会計事務所
〒506-0054
岐阜県高山市岡本町3-242
[TEL] 0577(33)2605
[FAX] 0577(33)2589

外観写真

アーカイブ