所長の一言 令和2年10月

持続化給付金・家賃支援給付金の現状

コロナウイルス感染症の影響で、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えする目的で給付されている㋐持続化給付金㋑家賃支援給付金ですが、まず㋐持続化給付金の給付実績は10月12日時点での給付件数約354万件、給付額累計約4.6兆円と経産省ホームページにて紹介されています。ちなみに第一次・第二次補正予算で約4.2兆円が確保されていましたが、予算額を上回り、現在は予備費の約10兆円から支給されているようです。

㋑家賃支援給付金は、10月11日時点での給付件数約29.3万件、給付額累計については色々調査しましたが不明でした。

 

㋐持続化給付金の給付までの期間ですが、申請から給付まで14日以内が約68%と迅速な対応がされています。一方、㋑家賃支援給付金については、7月14日から受付が開始され、最初の給付が8月3日以降にされている実績があり、2週間以上はかかるようです。その後も巷では給付が遅いことがしばしば問題視されていますが、10月11日時点での申請件数は約58万件で、給付実績が先ほどの約29.3万件ということですから、約50%が給付済みということになります。

 

㋐持続化給付金は、給付までの期間が短いことはいいのですが、確かに提出する書類も簡便なため、それを狙った不正受給がニュースを騒がせています。ただ、そのようなケースはかなり悪質な場合(はじめからだまし取ってやろうと考えているような)であり、よほどのことが無ければ、警察沙汰になることはありませんので、ご安心ください。

ただ、受給資格が無いのに受給してしまった場合には、返還を求められることが考えられるため、審査基準に則った申請を行うようにしましょう。

 

㋐持続化給付金、㋑家賃支援給付金の申請期間は、それぞれ令和3年(2021年)1月15日受付分までとなっています。期限を過ぎると給付は受けられませんので、受給する見込みの方は、早めに申請されるようくれぐれもご注意ください。

 

参考

経済産業省ホームページ 家賃支援給付金の申請と給付についての現在の状況【2020.10.16更新】

持続化給付金の給付についての現在の状況【2020.10.13更新】

事務所案内

阪本会計事務所
〒506-0054
岐阜県高山市岡本町3-242
[TEL] 0577(33)2605
[FAX] 0577(33)2589

外観写真

アーカイブ