所長の一言 令和元年6月

先日の6月9日、第8回飛騨高山ウルトラマラソン100kmの部に出走しました。71kmの部は過去2回完走経験があり、今年はより過酷であろう100kmを走ってみたいと考え、参加を決めました。

レース当日は、天候は曇りのち雨予報、体調も良く、100kmの第2グループにエントリーした私は、午前5時に高山ビッグアリーナをスタートしました。

例年、美女峠を通り朝日村へと抜けるのですが、昨年の大雨でコース変更があったため、美女街道のトンネルをくぐり、第1関門を通過。そこから、カクレハ高原を通り、飛騨高山スキー場へと進んでいきますが、ここがかなりの難所で、心臓が止まるかと思うほどの激坂なのです。

第2関門では、自分が目標としていた時間よりも30分ほど遅れてしまい、第3関門の丹生川支所への関門時間にギリギリ間に合ったものの、その後の千光寺の再度の激坂で力尽き、第4関門の国府B&G海洋セン「高山ウルトラマラソン 公式」の画像検索結果ター(約74km地点)にたどり着く脚力は残っておらず、敢え無く少し手前の70km地点でタイムアップとなってしまいました。

今回のレースでは、『足裏のマメ予防にはワセリンを塗ると効果的』だとあるマラソン仲間に教えてもらい、その効果を実感できたことや、有名な千光寺の登り坂と108段の石段を体験できたことが良い経験となりました。やはり制限時間内に100km完走するには、生半可ではいきませんね!来年は再挑戦し、より高みを目指して日々精進していきます!!

 

飛騨高山ウルトラマラソン公式HPより

 

事務所案内

阪本会計事務所
〒506-0054
岐阜県高山市岡本町3-242
[TEL] 0577(33)2605
[FAX] 0577(33)2589

外観写真

アーカイブ