所長の一言 令和元年12月

今年もあとわずかとなりました。毎年この時期に税制大綱(税法の改正案)が発表されますが、12月12日に令和2年度税制大綱が発表されました。改正案がいくつかありますが、その中で『寡婦(寡夫)控除』について説明します。

未婚のひとり親を支援するため、配偶者と死別(行方不明)・離婚したひとり親に適用される「寡婦(寡夫)控除」の対象が広がる案です。現在、寡婦控除は男性だけに年間500万円以下の所得制限が設けられていますが、男女間の格差をなくす観点から、女性にも同様の制限が設けられます。

図示すると下記のようなイメージです。

現状 対象 → 婚姻歴ありのみ 改正案 対象 → 婚姻歴あり+未婚

女性

所得制限なし

所得税の控除額35万円

女性 所得500万円以下

所得税の控除額35万円

男性

所得500万円以下

所得税の控除額27万円

男性 所得500万円以下

所得税の控除額35万円

また、大きな変更点として、現状では婚姻歴がある人のみが対象となるのに対し、改正案は婚姻歴のないひとり親も対象(住民票で事実婚であることを届け出ている場合は対象外)となる点です。

家族の形態の多様化、女性の活躍の機会が増えたこと等を背景として、今回の改正案が出されましたが、制定当時と現在では社会情勢や生活スタイルが大きく変わってることもあり得るので、現在の状況を鑑みながら法律を変更していくことはよいことだと思います。

【令和2年度の改正として】

・基礎控除が38万円から48万円へ引き上げられること

・給与所得控除については65万円から55万円へ引き下げ(給与等収入が180万円以下の方)

・青色申告特別控除が電子申告、又は電子帳簿保存によらない場合は現在65万円控除から55万円控除に引き下げられる等の改正が行われますので、それに向けての準備をしていく必要もあります。

 

本年も1年間大変お世話になりありがとうございました。来年も皆様の商売が益々繁盛されますことを祈念しております。2019年は元号が変わり、消費税率も変わり、変化の1年であったように感じます。来年は変化というよりは、安定した穏やかなの年であればと個人的に願っております。

 

事務所案内

阪本会計事務所
〒506-0054
岐阜県高山市岡本町3-242
[TEL] 0577(33)2605
[FAX] 0577(33)2589

外観写真

アーカイブ